自動販売機ビジネスは通行量の多い場所に設置するのが有効

導入方法の種類

ドリンク

自販機を設置する際に重視したいのは、導入方法です。フルオペレータータイプとセミオペレータータイプの2つがメインであり、目的や運営方法によって選ぶ基準が変わってきます。

もっと見る

電気代だけで大丈夫

自販機

日本国内の街なかにたくさんある自動販売機。お金を投入してボタンを押せば、好きなドリンクが購入できる便利な機械であり、世界の中でも日本はダントツで多いと言われています。この自動販売機の設置は、ドリンクメーカーが自由に行なっているわけではありません。希望があったところに設置を行ない、それぞれが運営されています。ですから、店舗や私有地などの敷地にあるものは、そのお店が運営していて売上が入る仕組みです。このビジネスのいいところは、設置しているだけで勝手にドリンクが売れるところであり、収入が得られること。特に通行量が多い場所だと販売機会が増えるため、店舗の副収入源や空き地の有効活用に使われています。

自動販売機を設置することは手間がかかり面倒だと思われるかもしれません。しかし、実際はリースや買取などで自由自在に導入することができるので、案外簡単に進めることができます。また、導入にかかるイニシャルコストもほとんどありませんし、ランニングコストも電気代のみという手軽さ。実際に金額を見ても、標準機種で500~1,000円程度でいいので10,000円~5,000円前後でおさまります。人件費がかからないことを考慮すれば、これぐらいの経費で24時間稼働させることができるところが魅力的でしょう。ただし、売上に関しては導入における契約内容で変わります。どの程度の利益を計上したいかを見極め、適切な運営計画を立てていくようにしていきましょう。

やすらぎの時間を演出

珈琲とスマホ

オフィスで本格的なコーヒーを楽しむことができるオフィスコーヒーのサービスは、企業の規模に関わらず人気があります。最近はコーヒーだけではなく美味しいお茶が飲めるマシンも登場しており、リース希望が増えています。

もっと見る

適している場所を選定

ジュースを買う人

自動販売機を活かしてビジネスモデルを確立するには、設置する場所を見定める必要があります。限定的な人しか利用しない場所でも、定期的な利用は見込めるので空きスペースを有効活用しましょう。

もっと見る

このエントリーをはてなブックマークに追加